スリーマイル島原発事故の被害と原発マフィアの横暴:IPPNW(核戦争防止国際医師会議)の記事紹介

スポンサードリンク

Pocket

スリーマイル島原発
写真(スリーマイル島の原子力発電所) 出典:Todd MacDonald / creativecommons.org/licenses/by/2.0

 チェルノブイリ原発事故が起きる前、1979年のスリーマイル島の原発事故(アメリカ)は世界最悪と言われるレベルでした。大量の放射性物質が放出されたので周辺住民への健康被害も深刻だったのです。

 アメリカでは日本以上に原発マフィアが強大な力を持っていますので、事故の隠ぺい工作もひどいものでした。

・重大事故が発生したことを住民に知らせない。
・住民の被爆状況をきちんと調べない。
・放射能による健康への悪影響は無いと発表する。
・科学的調査・研究を妨害する。
・原子力産業の利益に反する研究発表を禁止する。

 2011年の福島原発事故以降、日本政府・官僚・東京電力・マスコミ・御用学者がやっていることと似ていますね。日本はアメリカの子分ですので、親分から悪知恵を授けられたのかもしれません。

スリーマイル島原発に反対する住民
写真(反原発集会に参加する住民たち)出典:NARA

 IPPNW(=International Physicians for the Prevention of Nuclear War:核戦争防止国際医師会議)が関連記事を書いています。以下にリンクを貼ります。

http://www.ippnw-students.org/Japan/ThreeMileIsland.pdf

 上記リンク英文記事の一部を以下に引用します。( )内は私の日本語訳です。参考にしてください。

「The Three Mile Island nuclear power plant is located roughly 16 km from Harrisburg, Pennsylvania and was commissioned in 1978. More than two million people lived within 80 km of the plant. On March 28, 1979, the failure of the plant’s cooling system led to the worst nuclear catastrophe before Chernobyl. An emergency valve was opened to relieve pressure, accidentally releasing large quantities of coolant fluid. This resulted in a severe overheating of the reactor core and a meltdown of the radioactive fuel rods. The containment vessel held, but for several days, significant amounts of radioactivity were released into air, water and soil, mainly in the form of about 1.59 Peta-Becquerel (Peta= quadrillion) of krypton-85 gas with a half life 10 years, and 740 Giga-Becquerel (Giga = billion) of iodine-131.」
(スリーマイル島原子力発電所はペンシルバニア州のハリスバーグから16kmに位置しており、1978年に運転開始された。その原発の半径80km以内には200万人以上が住んでいた。1979年の3月28日、その原発の冷却システムが故障し、チェルノブイリ事故以前では最悪の原発事故に繋がった。非常弁が開き圧力を下げたが、偶発的に大量の冷却液が漏れてしまった。この結果、原子炉の中心部が極度に加熱され、燃料棒の一部が溶融した。圧力容器は持ちこたえたが、数日間、大量の放射性物質が大気・水・土壌に放出された。放出したのは、半減期10年のクリプトン85ガスが約1.59×10の15乗ベクレルと、ヨウ素131が740ギガベクレルだ。)

「Engineers needed five days after the meltdown to identify the causes, regain control of the cooling systems, and reseal the reactor core. About 70 % of the reactor core had been damaged and 50 % of the fuel rods had melted down. To get rid of the 150,000 liters of radioactive water, which had been contaminated in the course of cooling efforts, the Nuclear Regulatory Commission (NRC) took the controversial decision to dump it directly into the Susquehanna River.」
(メルトダウン後に技術者たちが原因を突き止め、冷却能力を復活させ、原子炉を再密閉するまで5日間を要した。原子炉中心部の約70%が損傷し、燃料棒の50%が溶融していた。事故後の収束冷却作業により汚染された水は15万リットルにのぼる。原子力規制委員会はその汚染水をサスケハナ川に直接放出するという決定を行い物議を醸した。)

「The news of the meltdown was initially downplayed, but within days elevated radiation levels were registered in four adjacent counties. Authorities claimed that external exposure to radioactivity was relatively low, but did not take into consideration the cumulative effects of low-level radiation through ingestion of radioactive particles and never measured actual exposure in the field. Instead, the public was informed that the levels of radioactivity released were too low to cause any harmful effects. Nevertheless, Pennsylvania Governor Thornburgh ordered the evacuation of more than 140,000 pregnant women and small children from the area.」
(メルトダウンのニュースは最初控え目であったが、4つの近郊自治体で放射線レベルの上昇が記録された。外部被爆は比較的少ないと政府は発表した。しかし、食べ物を通じて放射性物質が体内に取り込まれて低レベル被爆の影響が徐々に増えることを無視していた。さらに、現場での被爆がどの程度か測定しなかった。一方で国民に対しては、放出された放射性物質は微量だから健康への影響はないと説明している。しかしながら、ペンシルバニア州知事のソーンバーグは、妊婦と小さな子供14万人以上に対して避難命令を出した。)

「In Dauphin and Lebanon, the two counties immediately adjacent to the site, studies found significantly elevated cancer and death rates in children, adolescents and young adults. From 1979 to 2001, 120 residents of these counties had died of cancer by age 19, a rate 46 % above the state average.」
(事故原発にごく近い二つの自治体、ドウフィンとレバノンで調査が行われ、若年世代での癌罹患・死亡率が急上昇していることが判明した。1979年から2001年にかけて、これら自治体の住民120人が19歳前に癌で亡くなったが、これは平均より46%高い数字だ。)

「Immediately after the meltdown, a large scale cover-up began. Pennsylvania Health Commissioner MacLeod, who warned publicly of a significant rise in hypothyroidism and infant deaths after the disaster, was fired immediately. Nuclear specialist Steven Wing of the University of North Carolina, Chapel Hill alleged that “a manipulation of research” had taken place: A court order prohibited upper limit or worst case estimates of releases of radioactivity or population doses if these had the potential to harm the interests of the nuclear industry.」
(メルトダウン事故後すぐに、広範囲での情報隠ぺい工作が開始された。ペンシルバニア州健康委員長のMacLeodは、事故後に甲状腺機能不全や幼児死亡の数が急上昇していると警告を発した為、すぐに解雇された。チャペルヒルにあるノースカロライナ大学で教鞭をとる原子力の専門家Steven Wingは、研究内容の改竄が行われていると訴えた。原子力産業に不利益が生じる恐れがある場合、放射性物質放出や被爆についての上限・最悪予測をしないよう裁判所が命令を下した。)

「Cleanup and decontamination efforts took around 14 years and cost American taxpayers about $1 billion. Thorough research on the health effects of the radioactivity released during the five days of the meltdown remains limited to this day. The nuclear industry’s lobbying worked well, with several industry-sponsored studies showing few or no effects of the disaster on population health.」
(事故の後始末と除染作業には約14年の歳月を要し、約10億ドルの税金が投入された。メルトダウン後の5日間で放出された放射性物質が健康にどのような影響を与えたか徹底的に調査・研究をしなければならないが、今日に至るまで限定的なものにとどまっている。原子力業界のロビー活動が功を奏しており、業界の資金で実施された幾つかの研究では、健康への影響はほとんど無視できるという結果を出している。)

「Independent investigations of the nuclear meltdown in Chernobyl have provided evidence, however, that radioactivity released by civil nuclear disasters causes significant harm to people’s health. The people affected by fallout from Three Mile Island are also Hibakusha– casualties of an irresponsible nuclear industry.」
(しかしながら、チェルノブイリ原発事故に関して独立した調査が行われ、放出された放射性物質は健康に極めて有害であることが証明されている。スリーマイル島の事故で影響を受けた人たちも被爆者であり、無責任な原発産業の被害者なのだ。)

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J IWASAKI

J IWASAKI

大学卒業後、民間企業に長年勤めてきました。 英語学習に関しては殆ど独学ですが、2014年5月時点でTOEIC:950点に到達しました。 仕事でも英語を用いる機会が増えていると実感しています。 英語力をさらに磨くため、日々、試行錯誤の毎日です。 このブログでは、私が効果的と考えている英語学習方法を紹介しています。 また、英語ニュースに関しても自分の考えを交えながら解説しています。 出来る限り平易に書いていますので、気軽に読んでください。