福島原発事故の海外報道を紹介します(1)

スポンサードリンク

Pocket

福島に戻った家族
「Families are cleared to return to a district of Tamura City in Fukushima prefecture — but is it worth the risk?」(福島県田村町に帰還することが許可された家族。しかし危険を冒してまで戻る価値があるのか?) 写真と英文コメントの出典はCNN

 人類史上最悪と表現すべき大事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所。その周囲は現在でも放射性物質まみれであり人が住める場所ではありません。チェルノブイリ事故の基準では強制退去させられるような場所にもかかわらず、日本政府は住民に対して帰還の許可を与えました。狂ってますね。今後、チェルノブイリ以上の健康被害が出ても目を背け続け事実を断固として否定し続ける覚悟なのでしょう。人間の感情を持たない者に政治権力を与えた日本国民の判断ミスです。国民の政治的無関心の結果とも言えます。

 日本のマスコミは反骨精神がなく権力者の犬となっていますので批判的な報道をしていません(一部メディアを除いて)。しかし、諦める必要はありません。日本政府に対して遠慮をする必要があまりない海外のマスコミは、もう少し事実に忠実な報道をしてくれることがあるのです。

 日本だけでなく海外からも情報を仕入れるメリットは次の通りです。

・日本政府にとって都合の悪い情報を得やすい。
 →権力が隠したがる情報こそ市民が必要とする情報なのです。
・外国人の視点を得られる。
 →自分たちでは気付くことができなくても外からだと判ることがあるのです。
・英語の勉強になる。
 →個人の興味や必要性に基づいて英文に触れると習得が早いのです。ニュースや新聞は英語学習習慣化のための強力な手段です。

 CNNの2014年4月1日付記事のリンクを以下に貼りました。このブログ記事と関連した内容ですので興味ある方はクリックしてご覧ください。( )内は私の日本語訳です。

「Fukushima residents cleared to return home amid ongoing contamination fears」
(放射能汚染の恐怖が続く中で福島住民に帰還が許可される)

上記の英文記事の一部を以下の「 」に引用します。( )内は私の日本語訳です。

「Hundreds of residents of an area contaminated by a catastrophic reactor meltdown at a nuclear plant in northeastern Japan have been allowed to return home three years after the disaster.」
(日本の東北地方に位置する原発で壊滅的な炉心溶融が発生し、その地域は放射能に汚染されたが、事故から3年後、周辺住民数百人が帰還を許可された。)

「The Tohoku earthquake and subsequent tsunami off Japan’s northeastern coast led to the worst nuclear disaster since Chernobyl in 1986.」
(東北地方の地震、そして、引き続き発生した津波は東北地方沿岸に襲い掛かり、1986年のチェルノブイリ事故以来最悪の原発事故を引き起こした。)

「Around 138,000 Fukushima residents remain in temporary accommodation, with a number of cities, towns and villages reduced to ghost towns due to continued high levels of radiation.」
(約138,000人の福島県住民は依然として仮設住宅暮らしである。彼らが住んでいた多くの市・町・村は放射能が高いレベルで続いているために廃墟と化している。)

「Monday’s lifting of the exclusion order is the first time an area this close to the site has been cleared.」
(月曜日に立ち入り禁止命令が解除されたが、これは、事故原発にこれだけ近い地域としては初めてのことである。)

「However, concerns remain about background radiation levels and uncertainty surrounding the safety of the area.」
(しかしながら、基本的な放射能レベルが高いためその地域の安全性に確信が持てないなど、心配の声は依然として根強い。)

「Areas are declared suitable for habitation if residents are exposed to a maximum of 20 millisieverts of radiation per year.」
(放射能への被ばく量が一年間で20ミリシーベルト以内ならばその地域に居住しても大丈夫だと発表されている。)

「Officials have said they would like to get radiation exposure down to one millisievert a year.」
(役人たちは、年間被ばく量は1ミリシーベルト以下に抑えるのが望ましいと言っていた。)

「The containment effort at the wrecked Fukushima plant has been beset by problems, with regular reports of leaks of contaminated material.」
(破壊された福島原発では放射能封じ込めのための努力が続けられているが、様々な問題によりうまくいっていない。汚染物質漏出に関する報告が定期的にされている状態だ。)

最後に:
 自分にとって興味がある英文記事・ニュースを選んで毎日触れる習慣を身に付けると、英語学習と情報収集の一石二鳥になります。私がオススメする方法です。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J IWASAKI

J IWASAKI

大学卒業後、民間企業に長年勤めてきました。 英語学習に関しては殆ど独学ですが、TOEICで950点に到達しました。 このブログでは、私が効果的と考えている英語学習方法を紹介しています。 また、英語ニュースに関しても自分の考えを交えながら解説しています。 出来る限り平易に書いていますので、気軽に読んでください。