海外メディア報道の紹介・・・火山の近くに原発を作る愚

スポンサードリンク

Pocket

桜島噴火
川内原発
写真の出典はasahi.com

 海外の原子力発電所は、人口が少なく地震や火山が無い場所に作られています。当然のことです。人口密度が高く地震の多い火山大国日本に50基以上の原発を作るのは狂気の沙汰です。福島第一原子力発電所は地震と津波で大事故を起こしました。再稼働に向けた動きが順調な鹿児島県川内原発は将来、火山で破壊されるかもしれません。

 権力の犬になることを拒否した火山学者の真摯な訴えをMail Onlineが紹介しています。詳細は下記リンクからご覧ください。2014年10月17日付の記事です。( )内は私の日本語訳です。

「Japan reactor near active volcanos called unsafe」(活火山近くの日本の原発は安全でないとの声)

 上記リンク英文記事の一部を以下の「 」に引用します。( )内は私の日本語訳です。参考にしてください。

「A prominent volcanologist disputed Japanese regulators’ conclusion that two nuclear reactors were safe from a volcanic eruption in the next few decades, saying Friday that such a prediction was impossible.」
(2か所の原発について今後20〜30年は火山の噴火による危険がないという規制委員会の結論に対して、著名な火山学者が疑念を呈した。そんなこと予測するのは不可能だと彼は金曜日に述べた。)

「A cauldron eruption at one of several volcanos surrounding the Sendai nuclear power plant in southern Japan could not only hit the reactors but could cause a nationwide disaster, said Toshitsugu Fujii, University of Tokyo professor emeritus who heads a government-commissioned panel on volcanic eruption prediction.」
(火山噴火予知に関する政府の諮問機関で座長を務める藤井敏嗣東京大学名誉教授は次のように述べた。「日本南部の川内原発の周囲にはいくつか火山があるが、そのうちの一つがカルデラ噴火をしたら原発だけでなく国全体に災害が及ぶ可能性がある。」)

「“It is simply impossible to predict an eruption over the next 30 to 40 years,” Fujii said. “The level of predictability is extremely limited.”」
(「今後30〜40年の噴火を予知するなど全く不可能だ」と藤井教授は言う。「予知できることは極めて限られているんです。」)

「Studies have shown that pyroclastic flow from an eruption 90,000 years ago at one of the volcanos near the Sendai plant in Kagoshima prefecture reached as far as 145 kilometers (90 miles) away, Fujii said. He said a pyroclastic flow from Mount Sakurajima, an active volcano that is part of the larger Aira Cauldron, could easily hit the nuclear plant, which is only 40 kilometers (25 miles) away.」
(「鹿児島県川内原発の近くにある火山の一つで9万年前に噴火が起きました。その時発生した火砕流は145km離れたところまで到達したことが研究により判っています。」と藤井教授は言った。「桜島は、より大きな姶良カルデラの一部を構成する活火山だが、そこから発生する火砕流は40kmしか離れていない原発を簡単に直撃するだろう。」)

「Heavy ash falling from an eruption would make it impossible to reach the plant, and could also affect many parts of the country including Tokyo, he said. Many nuclear power plants could be affected in western Japan, 1,000 kilometers (620 miles) southwest of the capital.」
(藤井教授は次のように述べた。「噴火により大量の火山灰が降り積もるため原発に行くことは不可能になります。また、東京を含む日本の多くの地域にも被害がもたらされるでしょう。東京から南西に1000km離れている西日本の原発は、その多くが被害を被る可能性があります。」)

「Fujii said ash falling as thick as 10 centimeters (4 inches) would make any vehicle, except for tanks, virtually inoperable. Power lines would be severed due to the weight of ash on them, causing blackouts and possibly cutting off electricity to the reactor cooling system.」
(藤井教授は次のように述べた。「火山灰が10cm積もると、戦車は別として、どんな自動車も運転することはほとんど不可能になります。火山灰の重みで電線が切れ停電が起こり、原発の冷却システムに電気を送ることはできなくなるでしょう。」)

「“Scientifically, they’re not safe,” he said of the Sendai reactors. “If they still need to be restarted despite uncertainties and risks that remain, it’s for political reasons, not because they’re safe, and you should be honest about that.”」
(藤井教授は川内原発について次のように述べた。「科学的には安全とは言えません。不確実性や危険があるにもかかわらず再稼働させねばならない理由があるとしたら、それは政治的なものです。安全だからではありません。その点については正直になるべきです。」)

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J IWASAKI

J IWASAKI

大学卒業後、民間企業に長年勤めてきました。 英語学習に関しては殆ど独学ですが、2014年5月時点でTOEIC:950点に到達しました。 仕事でも英語を用いる機会が増えていると実感しています。 英語力をさらに磨くため、日々、試行錯誤の毎日です。 このブログでは、私が効果的と考えている英語学習方法を紹介しています。 また、英語ニュースに関しても自分の考えを交えながら解説しています。 出来る限り平易に書いていますので、気軽に読んでください。