原発用ウラン採掘がもたらす悲劇:IPPNW(核戦争防止国際医師会議)の記事紹介

スポンサードリンク

Pocket

ブラックヒルズウラン鉱山立ち入り禁止
写真(ブラックヒルズのウラン採掘現場立ち入り禁止表示)出典:James Ruddy

 原子力発電所は使い終わった後の後始末が大変です。というよりも、不可能と言った方が良いかもしれません。

絶望的な原発の後始末:ドイツでの事例紹介

 また、原子力発電所は稼働中も厄介な代物です。事故が起これば取り返しがつきませんし、事故が無くても放射性廃棄物を環境中に垂れ流し続けます。

 原発を動かすためにはウランという物質が必要です。ウラン採掘現場とその周辺でも放射線による健康被害が多発しています。

ブラックヒルズ国立森林公園
写真(ブラックヒルズ国立森林公園。ウランを初め天然資源が豊富だ。)出典:Navin75 / creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0

 原子力発電所というのは、最初(原料採掘)から終り(廃棄)まで社会に大迷惑をかけ続ける存在なのです。このような発電手段が他にあるでしょうか?

 IPPNW(=International Physicians for the Prevention of Nuclear War:核戦争防止国際医師会議)が、アメリカ国内のウラン採掘場に関して記事を書いています。以下にリンクを貼ります。

http://www.ippnw-students.org/Japan/BlackHills.pdf

 上記リンク英文記事の一部を以下に引用します。( )内は私の日本語訳です。参考にしてください。

「Because of their enormous amount of natural resources, the Black Hills have been extensively mined for centuries.」
(ブラックヒルズは天然資源が豊富なので、世紀をまたいで大量採掘されてきた。)

「Apart from gold mining, which still plays an important role in the region today, the discovery of uranium in the 1950s has had an immense impact on the life of the Lakota. Between 1951 and 1964, the yield of the mines in the region exceeded 680,000 kg of yellowcake, the refined uranium dust needed for nuclear warheads and reactors.」
(金の採掘は今日もその地域で重要だが、1950年代にウラン鉱脈が発見されて以降、アメリカ原住民のラコタ族の生活は大きく翻弄されてきた。1951年から1964年にかけてその地域で生産されたウラン精鉱の総量は68万㎏を超える。ウラン精鉱は核弾頭や原発の原料だ。)

「In the 1980s, environmentalist groups managed to stop uranium mining in the area. Because of regulations and limited efforts to rehabilitate the region, however, the abandoned mines were never properly sealed or protected from leaks and spills.」
(1980年代、環境保護団体がその地域でのウラン採掘を止めさせた。ブラックヒルズ再生のための規制や限定的な動きはあったものの、打ち捨てられた採掘現場から放射性物質が漏出するのを防ぐためにきちんと密閉されることはなかった。)

「According to the environmentalist organization “Defenders of the Black Hills,” there are hundreds of these unsealed mines, as well as thousands of exploration wells and drill holes, some more than 200 m deep, scattered all across the four-state area. Many are filled with water and there is the constant danger of leaks and spills into the surrounding creeks that can potentially contaminate underground aquifers or the larger Cheyenne and Missouri rivers.」
(ブラックヒルズを守る環境保護団体によると、密閉されていないウラン鉱山は何百、探索用井戸やドリル穴は何千とある。井戸や穴は200m以上の深さのものもあり、4つの州にまたがるその地域全体に散在している。多くは水で満たされているが、周囲の小川に廃液が漏出する危険が常にある。漏出すれば、地下水脈やシャイエン川、ミズーリ川を汚染する可能性があるのだ。)

「Field studies in the years 1999–2000 found radiation doses of 40 mSv/h, or about 200–400 times natural background radiation. After the U.S. Geological Survey found elevated concentrations of dissolved uranium in the Arikaree aquifer below the Lakota reservation of Pine Ridge, the local council asked the Agency for Toxic Substances and Disease Registry (ATSDR) to investigate water and air samples. They found increased concentrations of alpha emitters in drinking water supplies as well as unhealthy levels of radon gas in private residences at Pine Ridge.」
(1999年から2000年にかけて行われた現地調査により、自然界の通常放射線レベルの200〜400倍に当たる40 mSv/hが検出された。Pine Ridgeのラコタ保護区下にあるArikaree地下水脈でウラン濃度が上昇していることをアメリカ地質調査所が発見した後、地元委員会がアメリカ毒性物質疾病登録機関に対して水・大気の調査依頼をした。その結果、飲料水のアルファ線レベルが増加している他、Pine Ridge居住区のラドンガス濃度が異常であることが判った。)

「The “Defenders of the Black Hills” also conducted their own investigations in cooperation with Energy Laboratories and detected alpha emitters exceeding recommended dose levels. Drinking this water and ingesting the radioactive particles can cause cancer and other diseases.」
(ブラックヒルズの保護団体はエネルギー研究所と共同で独自調査も実施し、被ばく限度を超えるアルファ線を検出した。汚染された水を飲んだり放射性粒子を経口摂取すると、癌その他の病気になる可能性がある。)

「Within the reservation, an extremely high number of people suffer from cancer, diabetes and kidney failure. High incidences of stillbirths, miscarriages and deformities are also reported among the population of the Black Hills. Beyond the small preliminary air- and water-studies however, no investigations of the evident health problems of Pine Ridge residents have been undertaken so far.」
(保護区ではかなり多くの人が、癌・糖尿病・腎臓障害を患っている。またブラックヒルズでは死産・流産・奇形が高い率で見られる。水や大気の予備的調査は行われたが、Pine Ridge住民の健康問題を明らかにするための調査は未実施だ。)

「In 2011, the Canadian company Powertech announced plans to restart uranium mining in the Black Hills near Edgemont.」
(カナダのPowertech社は2011年、Edgemont近くのブラックヒルズでウラン採掘を再開すると発表した。)

「In addition to the social and economic problems of reservation life, the Lakota suffer from the legacy of four decades of uranium mining. To this day, there has not been an adequate scientific workup of the Lakotas health problems. Therefore, the effects of further radioactive contamination of the region through continued uranium mining cannot even be predicted.」
(アメリカ原住民のラコタ族は、保護区での社会的・経済的問題だけでなく、40年に及ぶウラン採掘が生んだ放射線被害に苦しんでいる。ラコタ族の健康問題に関する適切で科学的な詳細研究は今日まで行われていない。引き続き実施されるウラン採掘によりこの地区の汚染がさらにひどくなるが、その影響を予測することすらできないのだ。)

「What can be said with certainty, however, is that the health of the local population has been sacrificed for the profits of the nuclear industry. Like so many people around the world, who are suffering from the industry’s endless appetite for cheap uranium for its warheads and power plants, the Lakota, too, can rightly be called Hibakusha.」
(しかしながら、確信を持って言えることがある。原発産業の利益のために地元住民の健康が犠牲になった、ということだ。核弾頭や原発のために安いウランが欲しいという原発産業の貪欲さに苦しんでいる人は世界中にたくさんいる。その人たちと同様に、ラコタ族もまた被爆者と呼ぶのが正解だ。)

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J IWASAKI

J IWASAKI

大学卒業後、民間企業に長年勤めてきました。 英語学習に関しては殆ど独学ですが、TOEICで950点に到達しました。 このブログでは、私が効果的と考えている英語学習方法を紹介しています。 また、英語ニュースに関しても自分の考えを交えながら解説しています。 出来る限り平易に書いていますので、気軽に読んでください。