英字新聞で情報を得よう!(46)・・・特定秘密保護法の問題点(8)

スポンサードリンク

Pocket

 2013年12月13日に公布された「特定秘密の保護に関する法律」(特定秘密保護法)(the secrets protection bill)に関して、その問題点を考えるシリーズ8回目です。

 アメリカは日本の同盟国であり、たくさんの軍事情報を共有しています。そのアメリカから軍事機密情報を漏らさないシステムを構築するように要請されたことが特定秘密保護法導入のきっかけです。特定秘密保護法が運用されていない現在でも、自衛隊の情報保全隊(SDF intelligence security unit)は軍事機密を扱う職員の身辺調査をしています。具体的には職員の思想・心情の他に、友人関係や友人の職種・職場情報も集めているのです。

 特定秘密保護法が運用され出したら身辺調査がさらにエスカレートすることは確実です。防衛省職員や軍事メーカー社員だけでなく、その家族・親戚も調査対象となります。具体的には、住所・生年月日・犯罪歴・海外渡航歴・精神状態・飲酒習慣・借金・収入などが調べられてしまうのですが、これは明らかにプライバシー権の侵害です。

 特定秘密に指定されるのは軍事情報だけではありません。政府が隠したい情報、例えば原発関連でも同じような身辺調査や監視活動(surveillance activities)が行われることになるでしょう。プライバシーを侵害される国民の範囲は際限なく広がりそうですね。公安警察(security police)など監視している人たちは楽しいのかもしれませんが、監視される方は気味が悪いだけです。憲法違反なので断固反対しましょう。

ここで、特定秘密保護法に関連する文献を紹介します。参考にしてください。

これでわかった! 超訳 特定秘密保護法

新品価格
¥1,512から
(2014/8/25 20:45時点)

 最後に、Japan Press Weeklyの2013年10月27日付記事「What the secrets protection bill is all about」の一部を以下に引用します。このブログ記事と関連した内容ですので読んでみてください。背景知識と感情を伴いながら読めば、英単語も覚え易いし忘れにくいですよ。

 自分にとって興味のあるテーマを扱った記事を選んで毎日読む習慣をつけると英語学習と情報収集の一石二鳥になります。

「Even families and friends may be put under surveillance
If the secrets protection bill becomes law, both a worker at a supplier to the SDF and his/her family members may be put under government surveillance.
Under the pretext of determining whether an employee is suitable for the job, the authority can thoroughly investigate public and private employees who are in a position to handle information designated as “specific secrets” in order to find out if they are likely to leak information.
Through the process of the investigation, the government collects personal information such as their address, date of birth, criminal record, record of travel abroad, condition of mental health, drinking habit, and amount of debt and income. This is a clear violation of human rights as well as an invasion of privacy.
Targets of personal data collection include not only the workers themselves, but also their relatives, family members of their spouses, and anybody living with them.
In advance of the enactment of the secrets protection bill, the government already in 2009 established a system to investigate state officials to see if they are fit to handle classified information.
Akahata obtained a questionnaire for SDF personnel which asks for detailed personal information based on a list of 19 items, including their thoughts and beliefs. The required information even covers the occupation and workplaces of their friends and the extent of their relationships with them.
The collected data is checked by the SDF intelligence security unit whose main duty is to monitor citizens’ movements such as involvement in peace demonstrations. The Sendai District Court recognized the SDF’s public monitoring activities as illegal.
The secrets protection bill, if enacted, will allow authorities such as the SDF intelligence security unit and the security police to increase their unlawful surveillance activities, which will lead to the further infringement of basic human rights in Japan.」

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J IWASAKI

J IWASAKI

大学卒業後、民間企業に長年勤めてきました。 英語学習に関しては殆ど独学ですが、2014年5月時点でTOEIC:950点に到達しました。 仕事でも英語を用いる機会が増えていると実感しています。 英語力をさらに磨くため、日々、試行錯誤の毎日です。 このブログでは、私が効果的と考えている英語学習方法を紹介しています。 また、英語ニュースに関しても自分の考えを交えながら解説しています。 出来る限り平易に書いていますので、気軽に読んでください。