英語学習でやってはいけないこと(4)・・・文法知識の穴を放置する

スポンサードリンク

Pocket

読書しながら眠る女性
 「日本人は中学・高校と6年間も英語を勉強してるのに何故しゃべれないの?」 、という疑問に対して私なりの論考をこのブログで行ったことがあります。しかし、日本の教育では文法には力を入れていますから皆さんそれなりに自信を持っているのではないかと思います。英文法の知識は多岐にわたり、しかも、不規則で丸々暗記を強要される部分も多いですから覚えるのは大変ですね。

 テスト勉強に取り組んでいる学生さんはともかく、卒業して英語から離れて年数が経過すると徐々に英文法の知識は錆びついてきます。当たり前のことですが、使っていない知識は徐々に使えなくなります。10年も20年も英語に触れずに暮らしてきて、いきなり英字新聞で情報を収集しようとしても難しいと思います。

 2014年9月18日付のJapan Press Weeklyの記事「Give up introducing ‘zero-overtime-pay’ system」から、一部を以下に引用します。読んでみてください。

「The Labor Policy Council, an advisory body to the labor minister, has resumed discussions on the introduction of a new working system under which workers are evaluated by their performance, not by hours worked. This move is in line with the economic growth strategy which Prime Minister Abe Shinzo’s government revised in June. The government is aiming to submit related bills to the Diet next year.」

 普段から英語を使っている人にとっては簡単であっても、疎遠になっている人はスムーズに理解できないのではないでしょうか?知らない、もしくは忘れた英単語が理解の妨げになっているならば辞書で調べれば済みます。しかし、文法知識が怪しいと文章の構造を理解できないので真意を掴むことができないケースが起こり得ます。

 上記引用文を3分割して日本語に訳してみます。

「The Labor Policy Council, an advisory body to the labor minister, has resumed discussions on the introduction of a new working system under which workers are evaluated by their performance, not by hours worked.」(厚生労働大臣の諮問機関である労働政策審議会は、働いた時間ではなく成果で労働者を評価する新しいシステムの導入に向けて議論を再開した。)

「This move is in line with the economic growth strategy which Prime Minister Abe Shinzo’s government revised in June.」(この動きは、6月に安倍政権が改訂した経済成長戦略に沿ったものだ。)

「The government is aiming to submit related bills to the Diet next year.」(政府は、来年の国会へ関連法案を提出することを目指している。)

 上記の日本語訳を見ても文法構造を厳密に理解できない人は基本的な文法知識が不足していますから、面倒でも文法書を見直すことをお勧めします。

 文法知識に穴がある状態だとリーディングだけでなくリスニングでも不自由します。英文の構造が理解できないためにインプットが思うようにできないのは淋しいことです。インプットで不自由している人は、アウトプット(スピーキング、ライティング)でも当然不自由します。断片的に単語を並べる位ならできるでしょうが、まとまった自分の考え・真意を正確にスムーズに伝えるのは夢の又夢です。自分一人が不自由するだけならまだしも、周囲に迷惑をかける可能性もあります。

 英語を実務で使いこなすには4技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)をバランスよく習得することが必要です。それら4技能の基盤・土台となっているのが文法なのです。4技能がバランスよく身に付いていれば楽しみながら英語を運用できるでしょうが、そのためにはまず土台をしっかり作る必要があります。

まとめ:
 急がば回れとよく言われます。英文法の知識に穴があると自覚している人は、この機会に文法書を復習されてはいかがでしょうか。

以上


スポンサーリンク

Pocket

投稿者:

J IWASAKI

J IWASAKI

大学卒業後、民間企業に長年勤めてきました。 英語学習に関しては殆ど独学ですが、TOEICで950点に到達しました。 このブログでは、私が効果的と考えている英語学習方法を紹介しています。 また、英語ニュースに関しても自分の考えを交えながら解説しています。 出来る限り平易に書いていますので、気軽に読んでください。